2005.10.14

A Week At The Greek/JACK JOHNSON

ワオ! 以前からウワサになっていた、JACK JOHNSONのライブDVD、12月7日に発売決定だそうです。タイトルは「A Week At The Greek」。フジロック'04の模様も収録されているそうです。ということは、BEN HARPERと一緒に歌った「High Tide or Low Tide」も収録されているかも。楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.06

朝霧JAM'05

asa1
10月1・2日@朝霧アリーナ

一昨年のフジロックも雨、昨年の朝霧JAMも雨、今年のフジロックも雨…。もしかして、俺、雨男? てなわけで、雨対策だけはバッチリ準備して臨んだ今年の朝霧JAM。ハハハ。なんちゅうことはない、真夏並みの晴天やんけ。陽光がサンサンと肌に直撃。酒飲んで、気持ちよくなって、芝生の上でゴロンしてしまったから、気付いたら…。翌日はヒリヒリモード全開。とにもかくにも、久しぶりのヤバイ日焼けでした。

ハイ。教訓、野外イベント、雨対策だけでなく、日焼け対策も大切に!

さて、今年の朝霧JAM。まともに聞いたのは、ohanaAimee Mannくらいだったなぁ。DAVID BOYLESも、SANDIIも、AFRICAN HEAD CHARGEも、ちゃんと聞いたんだけど、後ろの方で、酒を飲みながら、メシを食べながら。とにかく、ダラダラモードでゆるーく楽しむ…って感じでしたね。

ま、朝霧JAMは、そうやって楽しむがイチバンなのです! そういえば、SUN PAULOの佐藤タイジも良かった良かった。

●何杯、飲んやら…。朝から晩まで飲んでいたような。
asa3


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.08.06

フジロック05

DSCF0822

気が付くと、アッという間に1週間が過ぎ、当日は、雨が降ったりと、ケッコー大変だったけど、やっぱりあの空間はたまらないんだよねぇ。ハイ。フジロック、今年も堪能して参りました。年々、奥地で過ごす時間が多くなり、考えてみると、今年もほとんどの時間を「ところ天国」よりも向こう側で過ごした3日間。人混みをかきわけて、できるだけステージの近くで騒ぐ…っていう楽しみ方はしなくなり、ステージがほどよく見える適度な場所で、ビール(あるいは日本酒や焼酎)を片手に楽しむ。これが、ここ最近の私のフジロックのスタイル。空いた時間は、どこかでまったりと過ごす。ていうか、メシがうまい、酒がうまい、ロケーションが良い。そんな場所で好きな音楽を聞けるわけだから、どう考えたってたまらない至福な時間を過ごせるわけだ。年に一度くらいは、こうやって人生を楽しむべきだと思うのだ。

年々、充実しているのは、ビール以外のアルコール。考えてみると、朝から晩まで酒を飲み続けていたような気がする。大好きな新潟産の日本酒がいたるところで売られていたのはうれしい限り。たった500円で、紙コップになみなみと注いでくれるから、東京の居酒屋で飲むのがちょっとバカらしくなる。夜、雨が降って、身体が冷えた時にうれしかったのが、「FIELD OF HEAVEN」で売られていた泡盛のお湯割りと、「ところ天国」で売られていたホットワイン。おかげで、身体が温まっただよ。

もう1つ。野菜も充実してきたよね。昨年までは、うまいものはたくさんあるけど、3日間、フジロックで飲食していたら野菜不足になっちゃうよ…的な声が聞かれていたけれど、今年はキュウリやトマトなど、生野菜を売りにしている店が多かった。とにもかくにも、日差しガンガン状態の時の冷えたキュウリは絶品。ちなみに、今年のフロック飯、個人的ベスト3は以下の通り。

1位 富士宮やきそば(朝霧食堂@AVALON)
2位 チキンケバブサンド(アフリカ系の出店@AVALON)
3位 オクラと鶏肉が入ったカレー(有機野菜系の出店@FIELD OF HEAVEN)

富士宮やきそばは、3日間で4食も食べてしもうた…。うまいんだなぁ。朝霧JAMでも、たくさん食べよっと。

さてと、どんなアーチストを見たか。忘れないように、ちょっと書いておこう(△印はちょこっとだけ見たアーチスト)。

■7月29日
SKA CUBANO(△) @ORENGE COURT
EDDI READER @ORENGE COURT
THE BEAUTIFUL GIRLS @FIELD OF HEAVEN
COLDPLAY(△) @GREEN STAGE
ROVO @FIELD OF HEAVEN

■7月30日
EDDI READER @GREEN STAGE
(ドラゴンドラ)
MY MORNING JACKET @FIELD OF HEAVEN
RYAN ADAMS @FIELD OF HEAVEN
FATBOY SLIM(△) @GREEN STAGE

■7月31日
あふりらんぽ @WHITE STAGE
THE GO! TEAM @WHITE STAGE
SOUL FLOWER UNION @WHITE STAGE
THE JOHN BUTLER TRIO @FIELD OF HEAVEN
ROYKSOPP @RED MARQUEE
SIGUR ROS @WHITE STAGE
PRIMAL SCREAM(△) @GREEN STAGE
MYLO(△) @RED MARQUEE

ベスト5は以下の通り。

1位 ROVO
2位 SIGUR ROS
3位 ROYKSOPP
4位 THE JOHN BUTLER TRIO
5位 EDDI READER

ROVOは、何度も見ているけど、今までイチバン良かったかも。特に後半の流れと、アンコールの曲がサイコー。完全に持っていかれました。SIGUR ROSは、Vo.のファルセットボイスが、あの空間にピッタリ。幻想的なステージセットもグー。アイスランドの空気が伝わってくるような感じのステージで、みんな静か~に聞いていたのが印象的。それとは対称的で、今回、見た中で、イチバン盛り上がっていたのはROYKSOPP。お祭り騒ぎ状態。できることなら、次回は、ぜひ野外ステージで…。ジャック・ジョンソン系サーフミュージックの流れでちょっと興味を持っていたTHE JOHN BUTLER TRIOは、演奏が超うまくてビックリ。THE BEAUTIFUL GIRLSもそうだけど、最近、オーストラリア系が元気あるよね。これからも注目。で、EDDI READERは、気持ち良さそうに歌っていたので、聞いているこっちも気持ちよくなってきましただ。

次点はRYAN ADAMSかなぁ。途中でキレてステージから出ていっちゃったけど、なんだかんだいって前半の流れは良かったもんなぁ。チョー変わり者というウワサ通り。もう2度と来日しないような気もするので、貴重な体験だった…ということにしておこう。

DSCF0838
最終日、空を見上げると…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.16

もうすぐフジロック

frf05ti

先週、フジロックのチケット、というかリストバンドが届き、少しずつ気分が高まっている今日この頃ではあるのだが、その前に片付けなければならないシゴトがあって、久しぶりにヘトヘト気味。でも、タイムテーブルが発表されているので、それをながめながら、あれやこれやとシミュレートしてみると、いい息抜きになる。いやはや楽しくなってきたぞ。

■初日(7月29日)
13:50 ORENGE COURT   Eddi Reader
15:40 ORENGE COURT   Lisa Loeb
17:10 FIELD OF HEAVEN  the beautiful girls
19:20 GREEN STAGE    Coldplay
21:00 FIELD OF HEAVEN  ROVO
24:00 富士映劇     DEEP BLUE

■中日(7月30日)
11:00 GREEN STAGE    Los Lobos
18:20 RED MARQUEE    クラムボン
19:20 GREEN STAGE    BECK
20:30 WHITE STAGE    Dinosaur Jr.
21:00 FIELD OF HEAVEN  Ryan Adams
24:00 富士映劇     FESTIVAL EXPRESS

■最終日(8月1日)
11:30 WHITE STAGE    あふりらんぽ
12:50 WHITE STAGE    The Go! Team
17:30 GREEN STAGE    The Beach Boys
18:20 RED MARQUEE    Royksopp
21:30 GREEN STAGE    New Order
22:30 WHITE STAGE    Sigur Ros
23:30 GREEN STAGE    PRIMAL SCREAM

と、こんな感じでシミュレートしてみたけれど、我ながらミーハーだなぁ。もっともっと調べてみて、普段は聞かないようなバンドもこの中に入れていきたい次第。さて、どうなることやら。

で、楽しみなのは、Ryan AdamsSigur Ros。RoyksoppとかMercury Revは、場所が違ったら、絶対に再優先するんだけど、RED MARQUEEだからねぇ。あそこは混雑すると、タイヘンなんだ。窮屈で。ま、冷静になって考えてみると、実は自分的にイチバン盛り上がるのはROVOじゃないかなぁ…と予想。

とにもかくにも、今年は混雑しそうな雰囲気だ。公式サイトにも「今年度は混雑が予想されます」というニュアンスのことが書かれている。昨年くらいの混雑具合だったら気持ちよくていいんだけどね。ハハハ…。

DSC_0110
先週、代々木公園で食べたタイラーメン。やっぱ、苗場で食べた方がうまい!

さてと、シゴトしよう…っと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.08

Pet Shop Boys×「戦艦ポチョムキン」

senkan

エイゼンシュタイン監督の「戦艦ポチョムキン」(1925年公開)にあわせて、Pet Shop Boysが楽曲を作った!? 9月2日発売予定のPet Shop Boysのニューアルバムのタイトルは「戦艦ポチョムキン」なのだそうだ。楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.28

FRF05出演アーティスト第一弾

ちょっとばかり留守にしていて、久しぶりにネットをのぞいてみたら、こんなニュースが発表されていたので、わたしゃ、うれしいぞ。今年のフジロックのラインナップ(第一弾)。

Aqualung/The Beach Boys/Black Velvet/The Bravery/Cake/The Coral/Dinosaur Jr./Dresden Dolls/Fatboy SlimThe Go!Team/Juliette & the Licks featuring Juliette Lewis/Kaiser Chiefs/The Longcut/Mercury Rev/The Music/The Pogues/くるり/Sigur Ros/SOIL&“PIMP”SESSIONS/Steel Pulse/東京スカパラダイスオーケストラ/Yonder Mountain String Band/Your Song Is Good

スバラシイねぇ。うれし過ぎるのが、Dinosaur Jr.。ソロのJ Mascisじゃなくて、Dinosaur Jr.だよ。いつの間に復活したのやら。いやぁ、素敵。あとね、Sigur Ros。ずっとずっとナマで見たかったんだけど、ようやく実現。しかも、フジロックで。満天の星空の下で聴けたら、昇天だね。

まだまだある。Mercury RevとFatboy Slim。この2つも野外で見たかったんだよなぁ(…って、これ、絶対に見たいバンドが被りそうな気がする)。もう1つ注目しておきたいのが、The Go!Team。昨年出たデビューアルバムが良かっただけに楽しみナリ。

でね、他にも、BeckとかFoo Fightersが決まっているというハナシがあってね、さらにはCocteau TwinsとかRyan Adamsなんかも可能性があるっていうから、素敵すぎるのだ。もし、Ryan Adams(←Bryan Adamsじゃないよ)が決まったら、どんなバンドが被ろうとも絶対に見ないと…。

う~ん、早く夏にならないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.19

In Between Dreams/Jack Johnson

between

毎月、この時期になると仕事が大詰めを迎え、いろいろとカリカリしてしまう。そんな時にJack Johnsonの新譜「In Between Dreams」を聞くと、「な~にカリカリしているんだよ、もっと気楽にやろうぜ!」って言われているような気がして、「そうだよなぁ、人生、楽しんだもん勝ちだもんなぁ…」って、反省してしまう。うん、楽しくやろう!

1曲目「Better Together」のイントロを聴くだけで、ああ、Jack Johnsonだなぁって、うれしくなるアルバムだ。

2曲目「Never Know」もグー。聞いていると、そわそわ。チラっと聞こえるピアノの音色が何だか新鮮だ。何たってサイコーなのは6曲目の「Sitting,Waiting,Wishing」。こういう曲が、イチバンJack Johnsonらしいと思うんだよなぁ。胸が締め付けられる感じ。夏の終わりに聴くとピッタリ!? 実は、Jack Johnsonが最も似合う季節は「夏の終わり」じゃないかなって思っているんだよね。「ああ、夏が終わっちゃうよ…」って気持ちの時に聴くと、す~っと染みこんでくるタイプの曲。もちろん、今の季節に聴いても良いんだけど。7曲目「Staple It Together」のイントロはちょっとSublimeテイストでニヤリ。このアルバムでイチバン好きなのは8曲目の「Situations」。短い曲なんだんけど、曲と声がいいねぇ。1回聴いただけで、耳から離れなくなってしまったよ。12曲目の「Belle」はボサノバ調で、ゆる~い午後のひととき。こういう曲は、昼寝しながら、のんびり聞きたいね。

にしてもだ。このアルバムを聞くと夏が恋しくなる。ラストに収められているボーナストラック「Mudfootball」は、G.LoveDonavon Frankenreiterをフィーチャーしたライブバージョン。歓声を聞いていると、どうしても夏フェスを思い出しちゃうよ。

「In Between Dreams」の日本版はDVD付き。その中に、今年発売予定のDVD「ライブ・フロム・ジャパン」の予告みたいなものが入っているんだけど、これがいいんだ。…って、昨年の日本ツアーの模様が収められているから。たぶん私も見たSHIBUYA-AXの公演だと思うんだけど、そこでの「gone」の模様がまるまる1曲収められている。でね、途中、ほんの一瞬だけど、昨年のフジロックの模様が映ったりするからうれしくなる。BEN HARPERの姿もチラッと見えたり…。つまりね、イヤでもDVD「ライブ・フロム・ジャパン」への期待が高まってくる仕掛けになっているというわけだ。

昨年のフジロックでBEN HARPERとJack Johnsonが一緒になって演奏した「High Tide or Low Tide」(BOB MARLEYの曲)が収録されていたらいいなぁ。そんな身勝手な期待をしつつDVD「ライブ・フロム・ジャパン」を待つことにしよう。

| | コメント (2)

2005.01.22

STING JAPAN TOUR 2005

sting
1月20日@日本武道館

STING JAPAN TOUR 2005。スタッフの人たちが、至る所で「スティング・ジャパン・ツアー・にせんファイブ」ってアナウンスしていたけれど、オイオイ「にせんファイブ」って…。

往年のファンから最近のファンまで、年齢層が幅広いライブに足を運んだのは久しぶり。ちゃんと席があるライブも久しぶり。こういうライブは、落ち着いて楽しめるのがとにかく良い。ステージも完成し切った感じで、バックステージのモニターも豪華。音もメチャクチャ良い。何が出てくるか分からない感じは全くないんだけど、とにかく安心して楽しめる。ハデなパフォーマンスがあるわけでもないのに、後半にいくに従って、しっかりと自分の世界に引き込んでいくところはさすが。こういうのは、やっぱベテランでないとできないんだろうなぁってつくづく思う。新人系のライブって、当たりハズレが大きいから。

今回のライブ、THE POLICE時代の曲をたくさん演奏してくれたのがうれしかったなぁ。やっぱ、いい曲が多い。で、何よりもうれしかったのが、1回目のアンコールの最後に「Every Breath You Take」を聞けたところ。この曲、メチャクチャ好きなんだよ。前奏を聴いているだけで、鳥肌が立ってくる。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2005.01.18

'64~'95/Lemon Jelly

lemon

前作「Lost Horizons」も良かったけれど、いいじゃん。すっげーいい。ものすごくいい。Lemon Jellyの新譜「'64~'95」。いやぁ、気持ちいいよ。おまけDVD(初回限定版はCDとDVDのセット)を見ていると、Royksoppなんかを思い出すんだけど、いやぁ、もっと夢心地。そわそわしてくる感じ。

年が明けて、The Chemical Brothers「Push The Button」Mercury Rev「Secret Migration」Lemon Jelly「'64-'95」と、ちょいサイケデリック入ったお気に入りアーティストの新譜が立て続けにリリース。Mercury Revがヘビーローテになるかなぁと思いきや、Lemon Jellyにガツンとやられて、「'64~'95」ばっかり聞いている(ちなみに、The Chemical BrothersはCCCDなんだよね。内容云々じゃなくて、こういう部分で聞く気が失せるのは少し残念!)。で、「'64~'95」の7曲目、「'76 aka Stay With You 」が超サイコーなのだ。そわそわした感じにいてもたってもいられなくなってきて、後半で一気にHAPPY。おまけDVDに収録されているプロモーションビデオもグー。モノクロになったり、虹色になったりする海から、星とか、カモメとか、踊る人とか、いろんなものが出てくる出てくる。「嗚呼、これがLemon Jellyの世界なんだよなぁ」と思うと同時に、こういう曲をずっとずっと聞いていたくなる。

というわけで、「'64~'95」を買うなら、絶対におまけDVD付きの初回限定版。おまけDVDには全曲のプロモーションビデオが収められているんだけど、どれも凝っていて面白い。例えば、6曲目の「'79 aka Souty Track 」には“コワカワイイ”キャラが出てきて、リズムに合わせて、結構、残酷なことをしていたりする。でも、見ていると、ついついニヤけてしまうから不思議。クチュクチュ言いながら始まる8曲目の「'75 aka Slow Train」は、出てくる電車がまるでミミズのよう。もしかしたら、私たちが毎日のように乗っている通勤電車も俯瞰して見るとあんな感じなのかなぁって思ったりして、またまたニヤリ。とにかく、どれを見ても飽きないのだ。

う~ん、来日公演が楽しみになってきたぞぉ!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.01.17

Jack Johnson

2月16日発売予定のJack Johnsonの新譜「In Between Dreams」。日本版の初回限定版はDVD付きだそうだ。HMVのオルタナティヴ ニュースによると、このDVDの中には2004年の日本ツアーのダイジェストも収録されているとのこと。ほほぉ、楽しみ! にしても、最近はDVD付きの新譜が多いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

NEWS | 映画 | 演劇 | 読書 | | 雑記 | 雑誌 | 音楽