« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.18

1月に見た映画

あのひとと語った素敵な日本語
「あのひと」+ユビキタ・スタジオ著
ユビキタ・スタジオ (2006.1)
通常24時間以内に発送します。

少し読めば分かるのですが、この本のタイトルにある「あのひと」とは、村上春樹の奥さんのこと。ファンなら(いや、ファンでなくても)、楽しく読める本だと思います。たった、さっき読み終えました。

さてさて、ここずっと、まともに更新をしていない当ブログではございますが、ワタクシメは、しっかりと(?)生きておりますのご安心を、って、誰も心配なんてしてないとは思いますが…。ま、しばらくはこんな感じの細々&ダラダラ更新になるかと思われますが、どうか、見捨てないでネ。もちろん、更新しなきゃあかん…とは思っていますので。

でもね、正味なハナシ、時間がない。ちゅうのは、ウソだけど、始めると、ついつい更新に時間をかけちゃうんですよね。アウトプットにかける時間が増えると、インプットの時間が減っちゃうわけで、なおかつ、以前と比べて、ちょいとインプットの時間が増えたおかげで、それに応じてアウトプットしていたら、それこそ寝る時間がなくなっちゃう。…って、何を「言い訳」しているんだ、オレは。ちゅうわけで(どんなわけや?)、1月に映画館で見た映画はご覧の通り。評価は5段階。

■男たちの大和/1月1日/渋谷/★★★★☆
■明日に向って撃て!/1月2日/六本木/★★★★★
■モダン怪談 100,000,000円(ピアノ伴奏付き)/1月7日
 /京橋/★★★★☆
■石川五右衛門の法事(ピアノ伴奏付き)/1月7日
 /京橋/★★★★☆
■腰弁頑張れ(ピアノ伴奏付き)/1月7日/京橋/★★★★☆
■君と別れて(ピアノ伴奏付き)/1月8日/京橋/★★★★★
■ザ・コーポレーション/1月9日/渋谷/★★☆☆☆
■戦場のメリークリスマス/1月13日/渋谷/★★★★☆
■ホテル・ルワンダ/1月14日/渋谷/★★★★★
■僕のニューヨークライフ/1月21日/恵比寿/★★★★☆
■イノセント・ボイス/1月21日/銀座/★★★★☆
■THE 有頂天ホテル/1月22日/六本木/★★☆☆☆
■単騎、千里を走る/1月29日/銀座/★★★☆☆

我ながら、昔の映画ばっかりですなぁ。

新作では「ホテル・ルワンダ」がイチオシ。ジェノサイドという題材に対する関心からの評価だけでなく、映画としても想像以上に良くできていた。さすが、評判になっているだけのことはあります。必見。「男たちの大和」は、森達也がススメていなければ、たぶん見なかったでしょうね。こういう類の映画は見ない…という先入観がありましたので。けど、それはよくない。映画は見てから評価しないと。この映画、決して愛国映画ではありません。気になる方は、イプシロン出版の「男たちの大和/YAMATO COMPLETE BOOK」に、森達也さんによる解説が載っていますので、ぜひぜひ読んでみてください。

戦争をテーマにした映画では「イノセント・ボイス」、そして、(これは今月見た映画なのですが)「白バラの祈り~ソフィー・ジョル、最期の日々」(★★★★1/2)の2作もオススメです。ただ、「ホテル・ルワンダ」「男たちの大和」を含め、これら4作品をたて続けに見ると、「繰り返してはいけないことが繰り返されている」という事実を、改めて痛感することになるでしょう。いずれも、決して後味の良い映画ではありません。でも、見ておいた方が良い映画です。そう思います。

これらの映画を見た後は「僕のニューヨークライフ」でも。ウディ・アレン節、バリバリ全開ですよ。

さてさて、1月はたくさんライブにも行きました。ご覧の通り。

■DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN/1月9日/O-EAST
■渋さ知らズ/1月13日/O-EAST
■トリスタン・プリティマン/1月22日/渋谷クラブクアトロ
■MOGWAI/1月24日/代官山UNIT

DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN、いやぁ楽しかった。そして、カッコ良かった。昨年後半から、菊地成孔にハマっています。しゃべりが面白い! 著書も面白い! 久しぶりの渋さ知らズ、相変わらずカッコ良かったです。ふんどし男、入院中でいませんでしたが…。MOGWAI、いやいやいやいやはや凄かった。静寂静寂静寂轟音轟音静寂静寂大轟音…。新譜、間もなく発売予定(だったかな?)。楽しみ。MOGWAIは、こうでなくちゃ。さて、順番、逆になっちゃいましたが、トリスタン・プリティマン、こういうのはやっぱ夏に聞きたいですな。

おまけ、1月4日はシアターコクーンで「贋作 罪と罰」(野田地図/★★★★★)。映画も良いけど、いい芝居はもっと良い! マジで。チケット取るのが大変だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »