« 女優 中北千枝子 | トップページ | 朝霧JAM'05 »

2005.10.05

9月に見た映画

…って、ほとんどフィルムセンターだなぁ。

■妻
 監督:成瀬巳喜男
 9月2日/東京国立近代美術館フィルムセンター/★★★★☆
ハハハ…。救いがないなぁ。残酷。でも、人生ってこんなものかも。

■晩菊
 監督:成瀬巳喜男
 9月3日/東京国立近代美術館フィルムセンター/★★★★★
おばちゃんばっかり出てくる映画。う~ん、やっぱり杉村春子はスゴイよねぇ。

■驟雨
 監督:成瀬巳喜男
 9月4日/東京国立近代美術館フィルムセンター/★★★★☆
原節子がはじけるラストシーン、好きだなぁ、こういうの。中北千枝子もいい味出しています。

■妻の心
 監督:成瀬巳喜男
 9月4日/東京国立近代美術館フィルムセンター/★★★★☆
三船敏郎の好青年ぶりが印象に残る映画。デコちゃん&小林桂樹コンビもグー。

■杏っ子
 監督:成瀬巳喜男
 9月6日/東京国立近代美術館フィルムセンター/★★★★★
木村功が山村聰の庭にツバを吐くシーンにヒヤヒヤ。香川京子はひたすらガマン。逃げられるのに、逃げられない。

■秋立ちぬ
 監督:成瀬巳喜男
 9月8日/東京国立近代美術館フィルムセンター/★★★★★
職場(中央区京橋)周辺の風景がたくさん出てきたので、うれしくなってしまいました。

■女の歴史
 監督:成瀬巳喜男
 9月11日/東京国立近代美術館フィルムセンター/★★★★☆
成瀬映画には珍しく涙腺を刺激する映画でしたね。歴史は繰り返す…。やっぱり残酷な人だ、成瀬監督は…。

■旅役者
 監督:成瀬巳喜男
 9月14日/東京国立近代美術館フィルムセンター/★★★★★
本物の馬と役者の入った馬の追いかけっこ。ラストシーンにビックリしました。メチャクチャ面白いじゃないですか!

■鶴八鶴次郎
 監督:成瀬巳喜男
 9月18日/東京国立近代美術館フィルムセンター/★★★★☆
長谷川一夫(鶴次郎)と山田五十鈴(鶴八)の意地の張り合い合戦。分かりやすくていいねぇ。

■亀も空を飛ぶ
 監督:マフマン・ゴバティ
 9月18日/岩波ホール/★★★☆☆
タイヘンな時期にタイヘンな場所で懸命に生きる子どもたち。地雷がそこら中にある生活って…。

■上海の月(部分)
 監督:成瀬巳喜男
 9月30日/東京国立近代美術館フィルムセンター/★★☆☆☆
最後にドーンと出てくる言葉が、なんだか今のアメリカっぽいなぁ…。戦時中の映画だから?

■秀子の車掌さん
 監督:成瀬巳喜男
 9月30日/東京国立近代美術館フィルムセンター/★★★★★
サイコーに面白いじゃん! バス会社の社長のダメっぷりがメチャクチャ笑えました。

|

« 女優 中北千枝子 | トップページ | 朝霧JAM'05 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51641/6264700

この記事へのトラックバック一覧です: 9月に見た映画:

» 「秀子の車掌さん」〜ラムネ味の映画 [お茶の間オレンジシート]
1941年監督/成瀬巳喜男原作/井伏鱒二出演/高峰秀子 藤原鶏太(鎌足) 夏川大二郎 勝見庸太郎若い車掌のおこまさん(高峰秀子)が勤めるバス会社は、甲州街道にバス一台を走らせている小さな会社だった。新しいバス会社に取られてしまった客を取り戻すため、おこまさ...... [続きを読む]

受信: 2005.11.20 08:51 午後

« 女優 中北千枝子 | トップページ | 朝霧JAM'05 »