« 今日は何の日? | トップページ | 女優 中北千枝子 »

2005.09.01

8月に見た映画

ちゃんとブログを更新しろ! ていうか、しっかり感想を書け! そんな声が聞こえてきそうだけど、取りあえず、8月に映画館で見た映画を…。

■スプラウト
 監督:トーマス・キャンベル
 8月1日(映画の日)/ライズX/★★★☆☆
サーフィン映画はやっぱりいいねぇ。夏はこうじゃなければ! 音楽もグー。気持ち良すぎて、眠くなってしまっただよ。

■いつか読書する日
 監督:緒方明
 8月7日/ユーロスペース/★★★★☆
田中裕子の演技に拍手。ラストは成瀬巳喜男の「乱れ雲」にちょい似た展開? BGMの大げさな使い方がちょっと気になったけど、いい映画。思わぬ収穫。岸部一徳の死に顔は必見。

■映画 日本国憲法
 監督:ジャン・ユンカーマン
 8月20日/ユーロスペース/★★★☆☆
「キュージョー(9条)」の精神はやっぱり大切だよなぁ。勉強しなきゃ。本編の前に森達也のトークショー。今、紙媒体でバリバリ活躍しているのは「A3」を撮るための準備ということらしい。気長に待とう!

■ターネーション
 監督:ジョナサン・カウエット
 8月24日/シネアミューズ/★★★★☆
ガス・ヴァン・サントが絶賛したセルフドキュメンタリー。iMovieで作った低予算映画でありながら、自らのヘビーな生い立ちを、スピード感ある展開でサラリと見せていく手法にセンスが光る。

■乙女ごゝろ三人姉妹
 監督:成瀬巳喜男
 8月23日/東京国立近代美術館フィルムセンター/★★★★★
松竹からPCLに移籍した成瀬巳喜男の初トーキー作品。終盤のとにかくスゴイ展開に脱帽。ラストの締め方も完璧! 映画の観客だけが知ることのできる三人姉妹の絆とそのスレ違い。残酷な映画だ。

■二人妻 妻よ薔薇のやうに
 監督:成瀬巳喜男
 8月23日/東京国立近代美術館フィルムセンター/★★★★★
いやぁ、ビックリ。衝撃。実の母を見て、千葉早智子がつぶやく最後のセリフはスゴ過ぎる。あんなセリフ、言わせるか? いやぁ、成瀬巳喜男はやっぱり偉大な監督だ。満点!

■舞姫
 監督:成瀬巳喜男
 8月30日/東京国立近代美術館フィルムセンター/★★★☆☆
夫婦としての関係をやり直そうと家に戻った高峰三枝子は、夫、山村聡に対して、どんな風に声を掛けるのだろうか…。そんなハラハラドキドキシーンで終わるラストが印象的。岡田茉莉子のデビュー作。


*9月2日追記

ひとつ忘れていました。

■七人の弔い
 監督:ダンカン
 8月22日/テアトル新宿/★★★☆☆

|

« 今日は何の日? | トップページ | 女優 中北千枝子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51641/5736620

この記事へのトラックバック一覧です: 8月に見た映画:

« 今日は何の日? | トップページ | 女優 中北千枝子 »