« 勝手にベスト10【音楽編】 | トップページ | 勝手にベスト10【読書編】 »

2004.12.31

勝手にベスト10【映画編】

大晦日ということで1年を振り返る企画の第2弾。独断と偏見の2004年ベスト10、映画編です。

dare

●1位:誰も知らない
今年、2回見た映画はコレだけ。先日、メイキングDVDを見たばかりということもあって、思い入れがあります。
●2位:ベルリン・フィルと子どもたち
歓喜。決して恵まれてはいない子どもたちと素敵な大人たちとの化学反応が感動的。もっと評価されるべき映画。
●3位:エレファント
コロンバイン事件を下敷きに、普通の高校生の普通の高校生活を瑞々しく描いた傑作。ガス・ヴァン・サントが好きになりました。
●4位:父と暮せば
被爆者の罪悪感。ヒロシマについて改めて考えさせられる映画。こうの史代の「夕凪の街 桜の国」とセットでぜひ。
●5位:ドッグヴィル
ラース・フォン・トリアーのアメリカ嫌いがプンプン漂う作品。ここまで徹底していると怖いとしかいいようがない!?
●6位:2046
いつもの王家衛節が炸裂。スレ違いを撮らせたら天下一品。「欲望の翼」「花様年華」と併せて見るとより楽しめます。
●7位:ブラウンバニー
亡き者を追い続ける何も起きないロードムービー。ラストへの持っていき方がスゴイ。とにかく、ヴィンセント・ギャロ。
●8位:GERRY(ジェリー)
誰にも責任はないのに気がつくとシャレにならない状況に陥っていたひたすら歩くだけの映画。ラストは衝撃。
●9位:隠し剣 鬼の爪
山田洋次をもっとまじめに見なければと思った映画。きえ(松たか子)のひたむきな生き方に心打たれました。
●10位:華氏911
マイケル・ムーアによる世界非常事態宣言。やっぱりランクインさせておくべきだと思いましたので。

……てな感じですが、上位3作は揺るぎないですね。他の7本はその時の気分によって変動するかも。ちなみに、ワーストは「ロ○○・○○・○○ン○○ー○○○」なのですが、タイトルはボカしておきます。見た時の気分とたまたま合わなかっただけかもしませんので。

|

« 勝手にベスト10【音楽編】 | トップページ | 勝手にベスト10【読書編】 »

コメント

最高にいいプログですねえ。
とても、参考になるしこういう感じの好きな私にはちまたの雑誌より
共感できます。
これからも、楽しみにのぞかせていただきます。

投稿: 美智子 | 2004.12.31 07:25 午前

突然すみません。現在ニフティ会員で2004年の映画ベストテンを選ぶ企画「ニフティ映画大賞」開催中です。よろしければ投票に御参加下さい。トラックバックさせて頂きましたので、一度詳細をご覧下さい。よろしくお願いします。

投稿: ニフティ映画大賞 | 2005.01.04 12:32 午前

 美智子さんが書かれているとおりに、素敵なblogですね。私とは違う視界を持っておられるようなので、これからこちらに来させて貰って、参考にさせて貰います。

投稿: 海音 | 2005.02.04 03:49 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51641/2421507

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手にベスト10【映画編】:

» ニフティ映画大賞2004投票開始です [ニフティ映画大賞 in ココログ]
 みなさん、こんにちは。今年も終わりが近付いてきました。いいことも悪いこともたく [続きを読む]

受信: 2005.01.04 12:32 午前

» 【シリアス】「エレファント」/ガス・ヴァン・サント [Augustrait]
“こんな嫌な めでたい日もない” 注; 今回の映画評では、実験的に解題的要素も採り入れています。かなりの長文なうえ、映画の細部についても言及し、非常に先... [続きを読む]

受信: 2005.03.21 12:52 午後

« 勝手にベスト10【音楽編】 | トップページ | 勝手にベスト10【読書編】 »